子供とのふれあいは言葉の発達に影響を与えるか?

ヒトは死ぬまで学習し続ける生き物です。

その人生の中でヒトは様々なことを学び続けますが、人生の初期に学ぶ大事なものの一つに”ことば”というものがあります。”ことば”というのは相手の話を聞いて自分の気持を伝える大事な道具ですが、この能力が発達するためには果たして何が大事なのでしょうか。


今日取り上げる論文はこのことばの発達についての脳科学分野の研究についてとりまとめた総説論文になります。

乳幼児のことばの発達についての研究は21世紀に入ってから大幅に進んだそうですが、これらの研究の中で様々なことが明らかになったそうです。

この論文の中でとりわけ重要な部分を紹介すると

・生後1年未満の言語学習はその後5歳までの言語発達に影響を与える。

・言語発達に大事なのは社会的な交流である。機械的な刺激では十分な学習が成り立たない。

・社会的な交流というのは必然的に乳幼児の注意力や覚醒レベルを高め、このことが言語学習を促進する。

・さらに社会的な交流は知覚と運動をつなぐ脳システムを活性化させることで発話能力を促す。

・赤ちゃんへの語りかけの多い母親の子供はその後の言語発達も良好である

といったことが様々な研究結果をもとに述べられています。

子供がことばを獲得する上で重要なのは、やはりヒトとのふれあいであり、これはことばが本質的にコミュニケーションの道具として発達してきた進化論的な背景があるのかなと思いました。

【要旨】

過去10年間に、幼児の早期言語処理過程についての神経科学的研究は非常な進捗を示した。 非侵襲的で安全な機能的脳測定装置が、出生時から始まる小児での使用に適していることが証明された。 幼児の言語に関する音韻能力については様々な実験的研究から明らかになった。 音韻レベルでの学習の神経反応は発達ごく初期の段階からあることが示されている。乳幼児の脳は音韻刺激に反応して言語発達が促されるが、この乳幼児の言語発達は2歳、3歳、5歳の言語能力に影響することが様々な研究から示されている。 音韻的単位の早期習得には、社会的な状況下での学習が必要であるという証拠がある。 ごく初期における言語学習についての神経科学的研究によって言語の基盤には複数の脳システムが関わることが明らかにされ始めている。

【参考文献】
Kuhl PK (2010) Brain mechanisms in early language acquisition. Neuron67:713–727.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です